首筋が張る、肩が重い・痛いなど不快な肩こりの症状は、妊婦さんが悩まれるトラブルの一つです。女性は妊娠中だけでなく、日常、首のこりや肩のこりに悩んでいるかと思います。もしもこうした痛みを訴える場合には、信頼のおける整骨院などを探しておき、早目に受診して適切な施術を受けてみてください。

頭痛と肩こり

肩こりは、首から肩、背中の筋肉がこわばって(血流が悪く)、後頭部から首の後ろにかけ筋肉が緊張し硬くなった状態。冷え性の人や、寒さや疲れで体がこわばったり、運動不足、同じ姿勢が長く続いたり、した時などに起こりやすい症状です。こうしたことに精神的なストレスが加わり、さらに肩こりが悪化することもあります。

肩こりがひどくなると、頭痛に発展してしまうことも。頭痛に悩まされていた人のなかには、肩こりが治ったら頭痛がおさまった!という人もいるほど、肩こりと頭痛は密接な関係にあります。

原因

・ホルモンバランスの変化

妊娠前と比べてホルモンバランスが大きく変わるため、人によっては自律神経が乱れ、血行不良につながります。

・体型の変化、運動不足による血行不良

妊娠中は、お腹だけでなく胸も大きくなり、また体重も増加。その重さを支える肩や首に負担が掛かり、肩こりが起こりやすくなります。妊娠中は思うように動けず、運動不足になりがちです。

・ストレスや緊張

妊娠したことで不安を感じたり、お産が近づいて緊張したり、妊娠前のように動き回れなかったりと、妊婦さんはストレスを感じやすい状況にあるので、肩こりが慢性化してしまうことも。

解消法

肩こり解消には、肩まわりの筋肉をほぐして血流を促したり、適度にストレス発散することや、運動をしたりすることが大切です。

・マッサージ

体が温まっているとき(お風呂あがりなど)がおすすめ

1、肩から首筋の方向に、指で少し強めに押しながら滑らせる
2、首の後ろの筋肉をほぐすために、頭の付け根から下に向かって少し強めにさする
3、鎖骨の下側に沿って、内側から外側に向かって優しくさする
4、最後に首の根っこから肩に向けて、さっとさする

・ストレッチ

デスクワークなど、同じ姿勢が続く人は、肩甲骨のこりをほぐすイメージでストレッチ

1、椅子や床などに楽な姿勢で座り、背筋を伸ばす
2、両腕を背伸びをするように伸ばす
3、その後、肩甲骨を動かすイメージで、肘を曲げながら斜め後ろに腕を下ろす
4、背中が気持ちいいところで10秒ストップ

・体を温める

下半身を温めることで、体中の血流が良くなり、肩こりが改善することもあります。のぼせやすくなる妊娠中には、長風呂よりも足湯がおすすめです。また、蒸しタオルを肩や首に巻くのも、肩こり改善に効果的ですよ。

・好きなことでストレス発散

ストレスで肩こりを悪化させないよう、体調が良い日には短時間でも散歩しましょう。家から出る事で気分転換になり、さらに体を動かすことで血行も良くなりますよ。他には、歌を歌う、お菓子を作るなど、自分が楽しめることでストレス発散をしてみましょう。

以上のことを注意しながら、何らかの症状がある場合は、早めに信頼のおける整骨院などにご相談ください。様々な状態にも対処できる豊富な知識や経験を持った柔道整復師や鍼灸師などの先生方にしっかりと診てもらいましょう。