日々スマートフォンやPC、タブレットなどと朝から晩まで向かい合っている人は多いと思います。そんな現代人にありがちなのが、「猫背」です。猫背の自覚症状があり、改善したいと思っている人でれば問題ありませんが、自覚症状がなくその姿勢が楽だと思っている人は要注意です。そのままその姿勢を続けると、自身の健康にも影響しますので、早めの改善をオススメします。ここでは、そんな猫背についてまとめてみましたのでご覧ください。

猫背について

一口に猫背と言っても、いくつか種類があるのをご存知でしょうか。背中が丸まっている猫背、顔が前に突き出ている猫背、腰が前に入っている猫背など、数パターンあります。重要視してほしいのは、顎が前に突き出ているか否か、という点です。もし自分の姿勢を横から見た時に、顎が前に突き出ているような姿勢の場合は、立派な猫背です。冒頭で述べた、スマートフォンやPCなどを長時間扱っている人になりがちな姿勢です。現代病の一つと言ってもいいかもしれません。

猫背のデメリット

では猫背になることで、どんなデメリットが生まれるのでしょうか。
まずは<肥満>です。
一見猫背とは関係なさそうに思えますが、大いに関係があるんです。猫背の場合は、本来使うはずの腹筋や背中の筋肉を使いませんので、血流が悪くなり代謝が落ちます。その結果、脂肪燃焼効率も悪くなり肥満体系へとなっていくんです。また脂肪が過度についてしまうと、骨盤の歪みや腰痛を発症してしまう恐れもあります。

次に<肩こり>です。
姿勢が悪いと、頭の重さを支える際に変な体勢になってしまい、肩甲骨の間の筋肉が引っ張られ、その張りがコリとなって肩こりなどを引き起こす原因となってしまいます。肩こりがひどくなってくると、それに伴い頭痛を引き起こす場合もありますので非常に厄介です。

これら以外にも猫背のデメリットは多々あります。姿勢が悪くて良いことは一つもありませんので、早めに改善するようにしましょう。日々姿勢を意識することもちろん、整骨院などで背骨矯正や骨盤矯正を行ってもらうのも一つの手段だと思います。