「下半身太りをどうにかしてくてダイエットしてるのになかなか痩せられない!」「サプリを飲んでいるのに全然体重が変わらない!」と悩んでいるあなた。
もしかしたら骨盤の歪みが原因かもしれません…!

骨盤の歪みは便秘の原因となったりむくみ、お尻の垂れ、代謝の低下にも繋がるためダイエット効果を感じられずモチベーションが下がりダイエットをやめてしまうなんてことに…。

この記事では下半身太りの原因や骨盤の歪みを改善する方法をご紹介します。
ダイエットで悩んでいる女性は是非参考にしてください!

どうして骨盤が歪んでいると下半身が太りやすくなるの?

骨盤の歪みは血管を圧迫するため、血液やリンパの流れが悪くなり老廃物が体の中で溜まるため太ってしまうのです。
また、血液の巡りが悪くなると体が冷えるため、下半身の脂肪を燃焼しきれなくなってしまいます。

お尻が垂れる原因にも

骨盤の歪みは血流に影響がでるだけでなく筋力も低下にも繋がります。
お尻にも筋肉はあるので、筋力が低下するとお尻の重さを支えられなくなり、垂れてしまうのです。

内臓にも影響

また、骨盤の歪みは内臓の位置をずらしてしまうことがあります。
骨盤の中には「骨盤底筋群」という内臓を支える筋肉があるのですが、骨盤の歪みにより内臓が下に下がり、骨盤底筋が圧迫されるため他の筋肉の働きも鈍くなるだけでなく、便秘の原因になり下半身太りの原因に。

便秘はリンパの圧迫、代謝の低下、セルライトや毒素が体に定着しやすくなるなど、ダイエットだけでなく健康にも良くない影響を与えます。

出産の影響

女性の体は男性に比べて骨盤が歪みやすい仕組みになっています。
出産をする際に赤ちゃんが産道を通りやすくするため、妊娠初期少しずつ骨盤を開くためのホルモンが分泌されるからです。

しかし、厄介なことに若干は元に戻るものの完全には戻らず自力で骨盤の開きや歪みを矯正する必要があります。
また、産後のママは忙しいため時間がなく骨盤が歪んだままの方が多いです。

だからと言って出産直後に無理すると悪化させてしまうこともあるので、医師や専門医、整体師などに相談し自分の体に合った骨盤矯正をしましょう!
最近では妊婦さんでも整体を受けられるところが増えてきたので産後の体にあった施術を行ってくれるとこを探すのもおすすめです。

骨盤の歪みは下半身太りだけでなく体の様々なところに影響します。
様々な症状がかさなり悪化する前にストレッチや整体院で骨盤矯正をしましょう!